このペ−ジでは、サラリ−マンのための還税の情報を提供しています。還税とは聞きなれない言葉だと思いますが、納めた税金(所得税)を取り戻す作業または行為、という意味の熟語(造語)です。


   所得税とはその名のごとく、個人の所得に課される税金です。原則的には個人個人が所得を申告し、算出された額を納付するものです。サラリ−マンの場合は各々で支払うのではなく、それぞれの雇用者が給与からの天引きで支払っています。その割合は約10〜20%であり、引き落しで払うことは雇い主の義務であることから、これを避けることは出来ません。


   サラリ−マンの平均年収は約500万と言われていますので、税率を15%とすれば約75万が、税金として収入から自動的に支払われているわけです。この内の半分を取り戻せたとしたら、あなたの自由になるお金があと37万円増える、ということなのです。


   このペ−ジで提供する情報は、天引きされる税金を取り戻すためのヒント、アイデアに関するものです。私は2011年分として約85万円の税金の払い戻しを得ました。全ての作業は私個人で行いましたので、誰でも御自分で実施可能だと思います。当方は税理士ではないので代理作業等はできませんが、実際に使用したエクセルのワ−クシ−トをお分けすることはできますので、それをご参考にご自分で挑戦してみてはいかがでしょうか。