思索の遊び場 > 高杉親知のハンガリー逍遥記 > 1997 年 8 月 22 日

1997 年 8 月 22 日 (金曜日)


日本に着いたら日付が変わっていた。体が昼と夜を混同している。機内で寝まくったのでかえって慢性的に眠い。成田から自宅までは遠い。自宅は東急田園都市線の駅からさらにバスで行ったところにある。海外旅行から帰ってくるのも一苦労だ。そもそも成田空港があんなに遠いというのが問題だ。遠くに作るのなら新幹線を通して欲しい。東海道新幹線を東京から成田まで延ばすのが一番良い。僕の家は新横浜からそう遠くないところにあるからだ。家に着くまで遠足です、という小学校の先生が良く言いそうな言葉を思い出しつつ家にたどり着いた。

ハンガリーではすっかり日焼けした。ヨーロッパの太陽は侮りがたい。日本の方が涼しく感じられるほどだ。

それにしてもこの旅行は面白かった。長いようで短い 10 泊 12 日間の旅だった。今回は基本的に友人と行動を共にしたが、一人でも旅してみたいと思った。ハンガリーの田舎の方でのんびり過ごすのも楽しそうだ。まだまだ行っていない場所がたくさんある。フォリント紙幣もかなり余らせてしまったことだし、またそのうち行こうかな。



前日

目次に戻る
ホームページに戻る

Copyright(C) 高杉親知 (tssf.airnet.ne.jp)