思索の遊び場 > 高杉親知の日本語内省記 > 正確な曖昧性

正確な曖昧性


こういう話を見かけた。「最近見かけませんでしたが、どうしたんですか。」と聞かれ、「三日間旅行していました。」と答えたら、変だと指摘されたアメリカ人がいるそうだ。そしてその指摘をした日本人は、そういう場合は「三日ほど旅行していました。」と答えるべきだと言ったそうだ。なぜなら日本語は曖昧あいまいを好む言語であり、「三日間旅行していました。」は明確すぎるからだという。そのアメリカ人は日本文化の曖昧性についてしきりに感心していた。

しかし、日本語が曖昧を好むという説はうさんくさい。そもそも日本語が特殊な言語だと誤解している日本人が多過ぎる。言語学の立場ではどの言語も論理的だし、本質的には大した違いはないのだ。日本語のある文が曖昧に見えるなら、何か隠れた理由があるはずだ。

曖昧を好むといっても、「何日間旅行していたんですか。」と聞かれて「三日ほど旅行していました。」と答えるのは変だろう。その場合は「三日間旅行していました。」と答えるべきだ。なぜなら、要求された情報をぼかすのは変だからだ。言語学では、このような重要な新情報やその要求を焦点という。

日本語では焦点かどうかが文法的に重要だ。例えば、「私は高杉です。」と「私が高杉です。」を比べると、後者は主語に「が」が付いている。これは「私」が焦点だからだ。つまり、「が高杉さんですか。」という質問に対して、「が高杉です。」というように、「私」の部分が焦点だから「が」を使うのだ。逆に「あなたはですか。」という質問には、「私は高杉です。」と答える。「高杉」が焦点で、「私」はすでに出てきた旧情報(これを主題という)だから「は」が付くのだ。

最初の質問に戻ろう。「最近見かけませんでしたが、どうしたんですか。」と聞かれた場合、当然何をしていたかが焦点になる。それ以外の情報は単なる付け足しである。だから答は「旅行していました。」で十分だ。しかし旅行なら行き先や期間も話の対象になり得る。だから「三日間旅行していました。」と答えても良い。

ところがここで問題が起きる。日本語は、焦点が動詞の直前に現れやすいのだ。世界の多くの言語に見られるように、日本語では旧情報から述べ、その後で新情報を出すという語順がある。ただし動詞が必ず最後に来る必要があるため、動詞の直前が焦点の主な出現場所になるのだ。ところが「三日間旅行していました。」と言う場合、焦点は動詞なので、「三日間」を焦点と解釈されると落ち着きが悪い。つまり言いたいことは旅行していたということなのに、三日間という期間が重要な感じがしてしまう。日本語が旧情報を先に言い新情報を後に言うという仕組みと、動詞を最後に言うという仕組みを持つ限り、この問題は回避できないように見える。

しかしここで語彙の助けを得れば良いのだ。期間に「ほど」を付けると、曖昧な感じがするのでそれが重要な情報には思えなくなる。「三日ほど旅行していました。」という文は「三日ほど」が動詞の直前に来ているが、「ほど」が付いているため重要には見えないのでそれが焦点と解釈されることはない。「三日」が単なる追加情報だと分かるわけだ。だから「ほど」を付けるほうが良いのだ。期間を曖昧にするのは、日本語が主題から焦点へ移る語順を持ち、また動詞が必ず最後に来るからだ。そのため動詞の直前の句を非焦点化するために「ほど」という曖昧さを持つ単語を使うのだ。期間に比べ、土地の名はそれほど焦点の感じがしないので、「三日間京都に旅行していました。」という答は何もおかしくない。

「三日間」などの期間が焦点の感じを持ちやすいのは、また別の文法から来ている。日本語では数量詞遊離といって、数字を含む句が修飾する名詞から離れる現象がある。例えば「二匹の犬がいる。」という代わりに「犬が二匹いる。」と言うのが数量詞浮遊だ。数量詞浮遊もまた焦点と関係している。数が焦点となる場合、数量詞浮遊が起きるのだ。例えば、「八十円切手を五枚下さい。」という文を、「五枚の八十円切手を下さい。」と言ったら変なのは、「五枚」が焦点だからである。先に書いたとおり、焦点は後に現れるべきなのだ。一方、「男が五人いる。」の後に「五人の男は去った。」と言うのは良いが、「男は五人去った。」と言うのは変だ。「五人」はもはや焦点ではないからである。このように、独立した数量詞があると焦点のように見える。

「三日間旅行していました。」の「三日間」は動詞を修飾する語句であるため元々独立した句だが、数量詞浮遊の類推から焦点のように思われやすい。だから期間は「ほど」を付けて曖昧にするほうが良いのに対し、土地の名は曖昧にする必要がないのだ。

冒頭の日本人は以上のように説明するべきだった。「三日ほど」というのは決して日本語が曖昧を好むからではない。曖昧な日本語があるとすれば、それは曖昧な人の話す日本語である。


目次に戻る

Copyright(C) 高杉親知 (tssf.airnet.ne.jp)