思索の遊び場 > 高杉親知の日本語内省記

高杉親知の日本語内省記

2000 年 11 月 30 日以来の訪問者数 :

Counter

英語や中国語を学ぶにつれ、私は母語である日本語の文法がはっきりと見えるようになった。そして日本語について考えるほど、良くできた言語だと思うようになった。しかし日本人は、外国語を学ぶのは熱心なのに日本語を教えることには無関心で、日本語を正しく説明できない人が多いのは残念だ。

チョムスキー以降の言語学で重視されるのは母語話者の内省である。日本語を話す者が自分の言葉を冷静に見つめ、法則を書き出すことは有意義だし、実に面白いことだ。ここでは私が日本語について考えたことを書いていく。

* リズムを感じろ - 1999/07/08★★★
* 水無月の雨 - 1999/07/08
* 黒い黒猫 - 1999/08/05
* 正確な曖昧性 - 1999/08/08★★
* ラよ、さらば - 2000/10/08
* 日本語平等化計画 - 2000/10/12★★★
* 鈍化する思考力 - 2000/10/18
* 「女」なんか見たくない - 2000/10/27★★
* 親族名称の比較 - 2000/11/12★★
* 言わせていただく - 2001/01/17
* 漢字のシーラカンス - 2001/01/19
* 日本語で数える - 2002/05/21★★
* 同音異義語への異議 - 2002/07/15★★★
* 音素の最前線 - 2002/09/24★★
* 無量大数の彼方へ - 2002/10/02★★★
* 未来の形声 - 2003/03/21
* 英語力アップ - 2003/04/22
* 魔法の指 - 2003/04/25★★
* 投手と打者 - 2003/05/05
* うなぎ - 2003/05/07
* 左右と右左 - 2004/03/31
* 倍速言語 - 2004/08/01★★★
* 直線と超平面 - 2006/02/24★★
* 熱さと暑さの間 - 2006/02/24

日付は初出を示す。星は各記事の自己評価で、三個が最高である。


言語に関するその他のページ:

日本語変調器 -他のウェブサイトの日本語を勝手に改変して表示する仕組み。面白いので是非お試しを。
日本語の門 -日本語のウェブサイトを日本語書体がない状態で見るための仕組み。URL を入力するだけで日本語の文字が画像に変換される。説明は英語。
世界の言語の数体系 -世界の色々な言語での数の数え方を集めたページ。アランブラック語やアイヌ語の数の数え方には驚くだろう。
日本語を学ぼう -日本語を英語で説明するページ。訪問者数は 70 万人を超えた。
地名の英語 -英語には Japan に対して Japanese のような形容詞形がある。そのような英語の地名形容詞形の一覧。

リンク:

言語学のお散歩 -言語学だけでなく映画や社会、子育てに関する文章も多く、ギャグも満載で最高に面白い。
後藤文彦の頁 -方言、性差別、エスペラント語に関して鋭い論評がある。その他社会問題に関する文章も多い。
ことばへの窓 -「気になることば」は内容が豊富で興味深い。「小公子の部屋」では私の縦書きフィルターが使われている。
ことばをめぐるひとりごと -「きょうのひとりごと」はとても充実していて読みがいがある。市中で見かけた不思議な字を集めた「文字のスナップ」も面白い。絵も上手。
暁に死す -漢字の話が充実している。中でも「篆書でGO!」が愉快だ。
コトバ雑記 -語源に関する記事がたくさんある。短くて読みやすい。
ことばの散歩道 -日本語の雑学から鋭い洞察まで、幅広い記事があり楽しめる。
今昔文字鏡 -古今の漢字を網羅する漢字表示ソフト、今昔文字鏡のサイト。当サイトでも今昔文字鏡の文字画像を用いている。
吉川武時のホームページ -文法用語を正確に定義することで日本語の文法を解き明かす。「“助動詞”のない文法」は正論だ。
飯田朝子の言語学ページ -言葉に関する質問と解答がある。
中野康明の雑学ページ -日本語に関する話題が豊富。
ほら貝 -「電脳社会の日本語」の著者のサイト。文字コードに関する一連の考察がある。
Ethnologue -世界の言語一覧。日本のページには 15 個の言語が載っている。
インフォシーク: 大辞林インフォシーク: 大辞林 -大辞林 第二版の他、EXCEED 英和・和英辞典など、辞書が充実している。前方一致、後方一致を選べて便利。
NHK 放送文化研究所 - ことば -言葉の研究成果や一般人の質問に対する回答があり、読み飽きない。
言葉の世界 -色々記事があるが、特に掲示板が活発。
小駒勝美の漢字こぼれ話 -小説新潮に連載されている漢字に関する話。
漢字袋 -コンピュータ異体字典。文字コードに関しても色々情報がある。


ホームページに戻る

Copyright(C) 高杉親知 (tssf.airnet.ne.jp)